GRヤリスは適正価格なのか?

 

GRヤリスに見る、走りにこだわる車の適正価格とは

 

今回のテーマは「GRヤリスに見るスポーツカーの適正価格とは」です。

2020年東京オートサロンで、GRヤリスが発表されました。

最高出力272ps、トルクは37.2kgfh、パワーウェイトレシオは4.706というモンスターマシンです。

 

出典:http://toyotagazooracing.com/jp

 

現在、このGRヤリスについて様々な意見が述べられていますね。肯定的な意見としては、

「WRCのホモロゲーションモデルが約400万円から買えるのは安い。」

「エコを重視するこの時代にスポーツカーを出した事に感謝。」

などの意見があります。一方、否定的な意見としては、

「若者には簡単に買いづらい値段。」

「内装が安っぽい。」

などの意見があります。やはり、価格が大きな壁になりそうですね。以下がGRヤリスの価格です。

 

 

この価格が高いと思うか、安いと思うかは人それぞれだと思うので、一概には言えないと思います。

ただ、個人的な意見を言わせてもらうと、

「GRヤリスは安い!」と思います。

 

なぜGRヤリスは安いと思うの?

ここで、比較対象を出してみたいと思います。「アバルト695ビポスト」という車をご存知でしょうか。

直接的な比較は難しいですが、走りに拘ったモデルとして名前を挙げてみます。

 

出典:https://www.goo-net.com/

 

この車はアバルト史上最速のモデルと言われたハイパフォーマンスモデルです。

走りに関する様々な特別装備が施されています。しかし、その分価格が高いのも事実でした。

 

 

GRヤリスと比べてどうでしょうか。勿論、直接的に比較できるわけではありません。

ヤリスは1クラス上の車格ですし、アバルトの方が拘っているポイントもあります。

しかし、走りに振ったコンパクトカーとして比べてみてください。ヤリスはWRCでも活躍した車です。

 

出典:http://toyotagazooracing.com

 

まとめ

GRヤリスはネット上では気軽に買える車では無いと言われる事もあります。

私もそう思います。若者が400万円以上する車を簡単に買えるわけがないのです。

しかし、WRCで活躍したという実績が憧れに結びつくのではないでしょうか。

私が生まれる前、約20年前には「三菱ランサーエボリューション」と「スバルインプレッサWRX STi」の2台がラリーで活躍し売れるようになったのは言うまでもありません。

出典:https://ja.wikipedia.org

 

出典:http://toyotagazooracing.com/jp

 

この2台の様に、GRヤリスが国民的スポーツカー・ハッチバックスポーツになる事を願うばかりです。