【実際どうなの?】運転の実情

こんにちは、Canalです。

今回は、「日本人の車の運転」に焦点を当てて

記事を書いていこうと思います。

 

なぜ車の運転が上手くならない?

 

 

私は昨年の12月、中国へ旅行に行ってきました。

 

筆者撮影

 

そこで気付きました。

「中国人の方が運転が上手いじゃないか…」と。

これには正直、愕然としました。
まだ、車作りの歴史が浅い中国に負けるのか…と。

正確に言えば、運転の丁寧さでは日本の方が上です。

では何が中国に負けているのか。
それは「根本的な運転技術」です。

中国人の車両感覚は、日本人より遥かに上です。

渋滞の中、信じられない程、車間を詰めていきます。

しかもその車はMT

そして、一番驚いたのは料金所

中国ではETCが、まだ普及していない様で
料金所の前では必ずと言っていいほど、渋滞が起こります。

 

出典:http://youtube.com

 

その中でも、次々と前に進もうとするのが中国流。

クラクションを鳴らしまくり、前へ進もうとするのですが
その時の車幅感覚が凄すぎる。前との幅は僅か数cmです。

日本のタクシードライバーでもここまで寄せられません。多分。

 

 

ポルシェも、BMW等の高級車もどんどん前に横に詰めていきます。
日本でそんな事をしたら、すぐに煽り運転と言われてしまいますね…(笑)

私はこれまでに海外に数回ほど行ったことがありますが
車両感覚では、中国に、どの国にも勝てていません。

それは何故でしょうか…?

世界で、日本ほど自動車メーカーが多い国はそうそうありません。

自動車は沢山作っているのに運転は上手くならない…。

この原因は何点かあります。

 

・日本は道路網が整い過ぎている

・日本人の遠慮しがちの性格

・カーナビゲーションシステムの発達

・根本的に車に対しての興味の薄さ

 

出典:https://corp.w-nexco.co.jp

 

この4点

具体的な例を上げてみますね。

私には、大学生の姉がいます。
運転免許は数年前に取得していますが、数回ほどしか運転した事がありません。

いわゆるペーパードライバー

「アクセル」と「ブレーキ」も分からないほどのペーパーです。
そんな姉に、何故運転しないのか尋ねてみました。

答えはこうです。

「面倒。」

自動車に対する興味薄さがわかりますね。

個人的に、日本人にこういう人達は多いと思うのです。

まず、車に関心を持たせる事が大切だと思いました。

こういった意味で
2019年の東京モーターショーは素晴らしいですね。

 

出典:https://www.1242.com

 

まとめ

 

現在、中国では自動車の技術発達が凄いスピードで進んでいます。

そして、現地の人達も自動車に興味を持ち始めています。

私は中国でこんな所へ行ってきました。

 

筆者撮影

 

上海汽車エキスポパーク」と呼ばれる自動車公園です。

見ていただけてわかるように、
中国では既に自動車文化が発達してきています。

中国車をバカにしてきた日本が、中国に見下される日も近いかもしれません。

約10年前にテリー伊藤さんがこのような記事をお書きになさっていました。

「日本人はいつまで中国車をバカにするのか。
日本車だけができて中国車にできないことは何もなくなる。」

本当にその通りだなと思いました。

そして、もっと日本の自動車業界
盛り上げていく必要があると強く実感しました。

この「CarBoon」では、前述の様に
車に対して興味が薄い、若者を中心に
車に興味を持ってもらえるよう、これから活動していきます。