【車ゲームアプリ紹介】トラフィック系の王道〜Driving Zone Japan〜

現在、日本含め世界では、外出の規制移動の制限が目立っていますよね。
そんな日が続く世の中に、退屈されている方も多いと思います。

 

そこで今回、お家の中にいても、ドライブしているかの様な
気分を味わえる、そんなアプリをご紹介いたします。

 

こんな時だからこそ、アプリで車に触れてみるのはいかがでしょうか?

 

王道ゲームの日本版

少し古いゲームアプリではありますが
数多くあるトラフィック系ゲームアプリの
王道中の王道といえばDriving Zoneですね!

こちらのゲームは
ドイツver.ロシアver.など
世界でのシリーズがいくつか存在します。

今回はDriving Zone Japan

つまり日本ver.をご紹介します。

 

 

 

 

そもそもトラフィック系ゲームとは?

「トラフィック」とは英語で「交通」を意味します。

つまり
一直線な道路を、他の車を避けながら
出来るだけ速く・長く走り、ハイスコアを目指すゲーム
の事を指します。

自分が勝手に呼んでいるだけですが、、 ( ̄∇ ̄)

 

良く言えば
スリルと爽快感が味わえ、操作が簡単なので誰でも気軽に遊べ、

悪く言えば、
シンプル且つ単調なので、短時間で飽きる

 

と言った感じのゲームです。

Driving Zone Japanってどんなゲーム?

その名前から連想できるように
Driving Zone Japan日本がテーマとなっています。

そのため、各ステージで春と冬がそれぞれ表現されていたり
登場車種がR34や80スープラ、ランエボなど

今でも人気の非常に高い日本車が、収録されていたりします。

また、操作方法以外に、各車ABS横滑り防止装置
トラクションコントロールなどの電子制御の有無
FFFRAWDと言った駆動方式も設定できます。

例を1つ挙げるとすれば
電子制御無しのFFのGT-R
なんてこともできちゃったり。

(GT-R…FF…ルマン…うっ頭が……)

 

挙動に関して言えば、少しシビアかなと最初は感じます。
しかし、慣れてしまえば問題の無いと思います!

また、電子制御駆動方式の効果も最低限
しっかりと作り込まれているので
色々と試してみると面白いかもしれません。

グラフィックゲームクオリティの面では
リリース開始が3年以上前ではありますが
この程度なら申し分無いと言えると思います。

(日本がテーマなのに左ハンドル右側通行なのは残念ですが…。)

 

特に内装の再現率中々良いのではないでしょうか?

内装をここまで再現できているゲームアプリは
自分の知る限りではそう多くは無いです。

 

 

 

 

 

更に、ゲーム内の時間に合わせ、昼夜が切り替わります。

夜は自分や他の車のライトで
車間距離を把握しなきゃいけないので

昼間と同じ感覚で運転してると思った以上に
車間距離が詰まっていて、事故ったりなんてことも…?

 

 

車間距離って大事ですね!!

 

 

(こ、この事故は、わ、わざと!ですからね!!!!)

 

 

最後に

如何でしたでしょうか?

この手のゲームはやり込み要素が少なく
単調であるため、長期的にやり込むことは難しいとは思います。

しかし、たまに、暇つぶし程度にやる分には丁度良い!
そんなゲームだと思います。

 

これなら1時間程度でも楽しめますね!!(←おい)

 

アプリ容量も200MB程度ですので
あまり端末に負荷が掛かることもないと思います。

皆さんも、暇つぶしに
ダウンロードして遊んでみては如何でしょうか?

ここまでのご精読ありがとうございました。
それでは皆さん、良きゲームライフを(*゚▽゚)ノ

 

App名: Driving Zone: Japan

デベロッパ: Alexander Sivatsky