妄想車遍歴〜日産 GT-R (R35)〜

こんにちは、代表です。

お久しぶりの「妄想車遍歴」シリーズです。

誰しも1度は「こんな車に乗ってみたいな〜、所有してみたいな〜」という夢や目標を持った事がある様に、未だに数えきれない程、憧れの車や乗ってみたい車・所有したい車があります。そんな車たちを妄想と想像でお届けします。

今回は、日本が世界に誇る名車 GT-R から、R35をピックアップします。

 

出典:http://gtrnissanskyline.com/

 

日産のスポーツモデル「スカイライン GT-R」の後継車で、スカイラインの名が外されたこのモデル。セダンベースの高性能モデルとの決別、スーパースポーツカーのフラッグシップモデルとしての確立が、名前からはっきりと分かります。

現在、ルノー メガーヌ R.S.に乗る私ですが、次に所有したい車候補の最有力であるこのGT-Rを、妄想ベースにご紹介していこうと思います。

GT-Rといえば、初代スカイラインGT-Rである「ハコスカ」から始まり、ケンメリ、R32、R33、R34、そして現行GT-RであるR35と、各モデルとも現在でも根強い人気を誇る、日本の名車です。この記事を読まれている方は、どの型・どの世代のGT-Rがお好きですか?

 

出典:https://twitter.com/(※画像使用に問題がある場合、削除いたします)

 

私はどの世代のGT-Rも好きですが(ズルいですよね…すみません(笑))、現行であるR35型GT-Rは、また特別な思いと憧れがあります。

R35型がデビューしたのは、2007年。世界戦略車として、「だれでも、どこでも、いつでもハイパフォーマンスが楽しめる『マルチパフォーマンス・スーパーカー』」というコンセプトを引き下げて、その年の東京モーターショーにて発表されました。

発表された2007年は、まだ私が8歳の頃。車好き少年だった小学2年生の頃の私にとって、物心が付いてから初めて登場した、日本のスーパーカーでした。

 

出典:https://www.businessinsider.com/

 

現在でいうと、ちょうど先日に、2022年12月で生産終了する事が発表された、ホンダ NSX(NC1)が登場し、NSXが好きになる今の世代と同じです。

実際にその年の東京モーターショーには足を運びました。30分程並んで、発表されたばかりのGT-Rを目にした時の感動は、今でも忘れる事が出来ません。

その後、グランツーリスモ5プロローグにて R35 GT-Rが登場すると、毎日の様に アルティメイト メタル シルバーのGT-Rをドライブし、「いつかは絶対にGT-Rに乗るんだ!」と胸を膨らませていました。

 

出典:https://www.gran-turismo.com/jp/

 

そして、免許を取って自由に使えるお金がある現在でも、やはりGT-Rに対しての憧れは消える事なく持ち続けています。

もし私が購入するとすれば、アルティメイト メタル シルバー の CBA-R35。当時この目で見た、あのGT-Rを手に入れたいなぁ なんて考えます。

小さい頃から憧れていた車、皆さんはありますか?