皆さん、モテたいですよね?

こんにちは。はじめまして、普段運営をしているたかです。

今回は、私の独り言や想いを文章にしてみました。

 

これまでと同様に、本文に読みにくい部分などありましたら
その都度指摘いただけたら幸いです。

車って?

 

出典:https://www.pakutaso.com

 

早速なのですが、、、
皆様にとって「自動車」とはなんですか?

というか、「自動車」ってどういうモノですか?

嗜好品だと思われる方もいれば
単なる移動手段と考えておられる方も
多いのではないかとおもいます。

少なくとも日本に住んでいる以上は
産業であれ、生活であれ、車という存在は
切っても切り離せないものではないのか。と考えます。

しかしここで自動車の記事を書いている以上は

「「自動車を単なる移動手段で終わらせたくない」」
と常に思っています。

つまり、自動車の在り方を改めて再提案したい!

という想いが強いです。

 

史上最強のモテアイテム

 

出典:https://www.pakutaso.com

 

いやもう、見出しみればわかるやん。
って思われがちですが、文章作りが下手なんでお許しください(笑)

そうです、改めて、、、私が思う自動車とは
最強のモテアイテム」ではないかなと思います。

男性だけなんじゃないの?
と思われることが多いですが、実はそんなことないんですよね。

女性も自動車が好きな方は多いんですよ。

特に運転好きの女性は非常に多いと思います。

ですから、男女問わず、密かに自動車が好きなんだけど
あんまり詳しくなかったりわからなかったり
車が好きなのに自信がないから、好きと公言できていない方
今日から声を大にして車好きを公言しちゃいましょう!

そうするとそれをきっかけに思わぬ所から
出会いがあったりするかもしれません。

 

ちなみにですが、、、
このサイトの運営をやらせていただいているのに
私は自動車に全く詳しくないですもん(笑)
でも本当に心から車が好きなんです!

 

話を戻しますが、、

確かに、自動車が好きな方は男性が目立ちます。

また、様々なシチュエーションで「自動車」が
男性のモテアイテムとして表現されることも多いです。

ただ、それは「車が男性のものであること」を示しているように見えて
実は女性もしっかり車を見ているということを示していたり

そう言った記事を参考に男性が自動車を選ぶということは
女性のセンスの良さや評価」が
男性の車選びにおいて基軸になっていることを
示しているのではないかな、と考えました。

つまり性別は関係なく
自動車はモテアイテムなんです!(無理矢理)

 

今 自動車を提案する理由

 

出典:https://www.pakutaso.com

 

時代は遡り、高度経済成長期頃は自動車の所有率は高く、
個人所有の自動車という提案は現実味のあるものでした。

しかし、時代は変わり昨今では所有という形ではない
自動車の在り方が主張されてるのも事実です。

それでも国内の産業は部品なども含めて
自動車産業を筆頭に支えられている。
と言っても過言ではないと思います。

また先進国と言われる国では、自動車産業が主軸なのも事実です。

真面目な話をしてしまいました(笑)
でも自動車って国と共にあると思います。

では何故、私がモテるためには自動車が必要と考えたか。

それはこの時代だからこそ、差別化ができると考えたからです。

 

出典:https://www.pakutaso.com

 

ファッションを例にとります。

ファッションにはその年によって様々な流行があります。
その流行に乗ってしまえばもちろん普遍的です。

しかしオシャレになりたいと思う方は、きっとそこで差別化します。
敢えてトレンドに逆らうと思います。
そうすることで周りと違うということを主張でき、
人と違うこと、つまり「オシャレ」に見えます。

ファッションと同様で
生き方にも差別化ってできると思うんです。

つまり、差別化することでグッとモテると考えたからです。

そうです、つまり
モテるためには自動車ある方がいいんじゃね?」というお話です。
え、だってモテたいですよね?私はモテたいです。(笑)

 

あ、モテる方はもうシャットダウンして寝てください

 

話を戻します。(笑)

つまり、自動車の所有が当たり前ではないからこそ
自動車を所有したり積極的に運転したりすることは
この時代では差別化を図ることができ
モテることに繋がると考えたからです。

いやモテたすぎて文字大きくしちゃいました、、。
これまじでノーベル賞級の理論でしょ(笑)

 

出典:https://www.pakutaso.com

 

また車を所有・運転できるっていうことはデートの際に
自然と様々な選択肢を増やすことにも繋がります!

例えば!

デートで普段電車や徒歩だと
選ばないようなデートスポットでも
自動車があることで選択肢に入れてあげられたり

大切なデートの日、急に雨に降られたら最悪ですよね?
それでも自動車があることで
天候に天気予報で雨マークを付けていようが
急な雨に降られようが
天候のことはあまり気にせずデートに集中できたり

更には二人だけの空間を作れるので
お互いの会話を弾ませたり
お互いの好きな音楽を流して趣味を意識しあったり
もっと距離を縮める
機会を与えてくれるもの
それが自動車ではないか、と考えたからです。

まだまだまだまだ、沢山自動車があると
いいことが沢山あります。
しかし永遠と書いてしまう可能性があるので
敢えてこの辺でやめておきます(笑)

皆様も好きな方と自動車に乗っているところを
想像にしてみてください。

 

 

 

インカメから、ニヤニヤしてるの見えてますよ、、、、。

 

冗談です(笑)

 

最後に

 

自動車が最高のモテアイテムだということを
少しは理解していただけたでしょうか。

ただ、こういう風に書くことは簡単で
実際に維持だったり保険や事故のリスクなど
あげればキリのないデメリットが出てくるのも確かです。

しかし自動車に対してそういう時代だからこそ
自動車のある生活に対するメリットを理解し
好意を寄せる方に、近づくための選択肢として
自動車を選んでいただきたい!
と考えたことからこの文章を書こうと思いました。

この記事次第では、モテる車の選び方だったり
性別で違う車の見方だったりというのも
触れていきたいと思っています。

え、だって皆さんモテたいでしょ?(念押し)

 

もちろん、出会いや発展に対し
全て「自動車」が力を貸してくれるわけではありません。

ただ、SNSが普及する時代ではあります。
そんな時代だからこそ心を通した会話があることが
恋愛における大切なキーになると思います。

そこに自動車を添えてみるのはいかがでしょうか?

そんな提案をしてみた所存です。

 

 

あ、モテた方ご一報ください。

モテた方を私に伝授してください。(笑)

このようにCarBoon(カーボン)では自動車の情報だけでなく、自動車が生活や人生を
豊にしてくれるかを伝える媒体としても活動していきます。
この記事だけでなく全てにおいて気に入っていただけたらシェアしていただけたら
筆者たちは非常に喜びます。ぜひシェアボタンをプッシュお願いします(笑)