アンダー50万円で選ぶ妄想愛車計画 〜漢のロマン外車編〜

「50万円」それは魔法の数字。100万円の半分。そして学生でも手が届きそうな金額ですよね?

輸入車なら故障や修理のためにもお金は1円も無駄にできません。
でもやっぱり、外車が欲しい! 左ハンドルに乗りたい! 周りと違う車が欲しい! そんな皆さんにお届けします。

ということで今回は本体価格50万円以下の外車を独断で5台選びました。※余ったお金は修理や整備にお使いください (笑)

ミニクーパー

https://clubmini.jp

なんともキュートなデザインの初代ミニクーパー

発売開始から20年経った今でもそのデザインは色あせません。外車ならではのオシャレな内装もサラッと着こなしたくなる1台です。

走りを求める方のために5MTモデルもあります。1598cc 116馬力 1140kgと戦闘力も高めです。


英国紳士の皆さん、今ならお買い得ですよ!

フィアット 500

http://blog.livedoor.jp

https://www.fiat-auto.co.jp

男の憧れ、あのルパン三世が乗っている車の復刻版

ポップなデザインは男女問わず愛されています。

しかも50万円以下のラインに1.2L / 1.4L / 875ccツインエアの3モデル全て入っているのでお好きなものを選べます。

個人的にはツインエアに興味津々なのは内緒です…

もちろんイタリア車なので故障のリスクはあります。でも見てください、このデザインを。故障なんか気にならないですよね!?

アルファロメオ MITO

https://kakaku.com

イタリア生まれの妖艶なデザイン刺激的な1.4Lターボエンジン。 最高出力155馬力、可愛い見た目はいい意味で裏切られるはず。

ミッションは6MT6ATパドルシフトがラインナップされており、ATなら平日夕方の奥様の買い物から週末の旦那様の峠やサーキットまでこなす優秀なシティーボーイなんです。

さらに最近のアルファロメオは昔に比べれば壊れない!そう、あの御家芸とも言える積載車とはおさらばです。

野生の血が騒ぐ方にはおすすめの1台です。

プジョー 106 S16

https://kakaku.com

言わずと知れたカッ飛び系ボーイズレーサー

1.6Lエンジンは最高出力118馬力を発揮し車重は960kgとノーマルで1トン切り!

ラリーといえば106というぐらい海外ではラリーの常連さんで106rallyと呼ばれる競技向けモデルも存在していました。
つまりそのスペックはお墨付きです。

日本での発売から20年以上経過しており、5万キロ前後の極上車は100万円を超える値段がつき、逆に20万キロ近い個体も増えてきました。

でもまだ間に合う。10万キロ前後の車なら50万円で買うことができます。

ご興味のある方は今すぐ中古車をCheck!

ルノー ルーテシアRS

http://navi.carsensorlab.net

http://www.ponpoko.ne.jp

2代目ルーテシア

全日本ラリーを走る女性ドライバー 竹岡圭さんも2代目前期型のルーテシアRS でラリーやダートトライアルに参加し練習をしていました。

2Lエンジンは169馬力を発揮(後期)、車重は1100kgとノーマルでも中々熱いスペックです。

前期型(画像下)は172馬力1060kg

中古車相場も若干前期の方が高い?のも納得です(笑)

出会いは突然に

50万円というのは中古車サイト上での価格で書きました。

でも実際は偶然の出会いや知人友人からの譲受、個人売買など沢山の愛車との出会いの場がある思います。

車のコンディションも様々です。ぜひお気に入りの1台を見つけてください。

激安車を買って壊れたら乗り換えるもよし、コツコツ直していくもよし、はたまた自分でレストア?なんてこともあったり…

車遊びは永久に不滅です!