味があっていいじゃない!今こそ乗りたい珍名車

進化の過程には、突然変異体が、必ず存在しています。

特に自動車は、直近30年で目まぐるしい進化を遂げました。

そんな進化の裏で生まれた珍名車をご紹介します。

 

珍車と思うか名車と思うのかはあなた次第です。

トヨタ 初代エスティマ

 

出典:https://getnavi.jp

 

『新型高級サルーン』をコンセプトに
「ミニバンの使いやすさ」「走る楽しさ」
融合、開発され1990年に発売されました。

タマゴのように丸く
まるで、宇宙船のような未来を感じさせるデザイン特徴的です。

実際、1998年に行われたマイナーチェンジ後からは
トヨタ自ら『TOYOTAの天才タマゴ』
というキャッチコピーで販売されていたほどです。

この車の最大の特徴は、エンジンを諸外国のスーパーカーと同じ
ミッドシップにレイアウトされているところです。

 

出典:https://getnavi.jp

 

正確には、「アンダーフロア型ミッドシップ」と呼ばれ
2.4Lエンジン75度傾けられた状態で搭載されたいました。

この、アンダーフロア型ミッドシップは
エンジンという重量物を、車体の中心に置くことで
車にとって最適な前後重量バランスを実現しました。

また、同時にフロアのフラット化による
運転席から後部座席までの「ウォークスルー」を採用

また、フロア高低く抑えることで、高い乗降性実現しました。

 

https://getnavi.jp

 

これは、まさにコンセプト通りの
『「使いやすさ」と「走りの融合」』実現したと言えるでしょう。

 

BMW Z1

 

出典:https://clubmini.jp

 

突然ですが、、、
ドアを開けて走りたい!」と思ったことありますか?

私はないです(笑)

この「BMW Z1」 はパッと見る限りでは
ヘッドライト特徴のある
古いオープンカー」という印象を受けるでしょう。

 

↓ では下の画像をご覧ください ↓

 

出典:https://www.bmwblog.com

 

そうです。ドア開いたまま走行しています。

ドア「下に開く」という車は
世界で唯一ではないかと思います。

1987年に発売されたZ1ですが
実はほぼ手作り製作されており3年間で
約8000台
程度しか生産されませんでした。

 

フィアット ムルティプラ

 

「世界一気持ち悪い」「醜い」など
デザインに関しての酷評が目立つムルティプラ。

しかしながら、現在でもマニアックなファンも多い
「人気車」の側面も持っています。

 

出典:https://b-cles.jp

 

なんとも言い難い…カッコいいとは少し違った
独特の雰囲気のフロントデザイン

ダサ可愛い」「キモカッコいい」は
まさに、この車の為の言葉に感じます。

 

出典:https://www.retromobe.com

 

リアのデザインもいい意味で前後「ダサ可愛い」統一されています。

うーん…。

この車のデザインを語るには、日本語の表現では足りないですね。

 

ルノー アヴァンタイム

 

全長×全幅×全高が、4660×1835×1630mmと
ミニバンと、同等サイズにもかかわらず
ドアが2枚しかない、クーペモデルです。

 

出典:http://blog.livedoor.jp

 

出典:https://cardrobetokyo.com

 

本国フランスでは、2001年に発売され
1年遅れの2002年に、日本でも発売されました。

新車価格は500万円
当時の「Fセグメントセダン」に近い金額でした。

当時新車で購入された方は、中々の変態さんだと思います。

内装は500万円の車にふさわしい、革張りのオシャレな内装
豪華な革張りのシートは、一脚50万円とのことです。

 

出典:https://cardrobetokyo.com

 

出典:https://cardrobetokyo.com

 

そんな高級車ながら、現在の中古価格は100万円以下

これは不人気なのか、それとも爆弾なのか…。
そこも含めて、珍名車です。