【生観戦前にはこれを見ろ】これで完璧!りゅー。的 現地観戦のすゝめ

レース観戦は、”モータースポーツファンの憧れの一つ”と言っても過言ではないと思います!

 

そんなレース観戦に初めて参加される方へに向けて、サーキットでの現地観戦について、まとめました!

 

これを見たら、観戦初心者でも戸惑うことはないでしょう!

 

現地観戦4ヶ条

 

出典:https://www.suzukacircuit.jp/

 

最初に、現地で観戦をする上で徹底すべきことを、4つまとめてみました。

 

体調管理

荷物の管理

観戦マナーの徹底 

情報収集

 

この4つは、現地で観戦をする上で非常に大切です。なので1つ1つ詳しく説明します。

 

① 体調管理について

 

出典:https://www.pakutaso.com/

 

誰しも、サーキットにいる時は、ついついテンションが上がってしまいます。
現地でしか味わえない雰囲気に、魅了されると思います。

そこで忘れがちになってしまうことの代表と言えるのが、水分補給です。

自分では、きちんと水分を摂っているつもりでも
意外と摂っていなかった。ということがあります。

せっかくの楽しい現地観戦を
体調不良で台無しにしないように、体調管理徹底しましょう!

ちなみに、カバンのサイドポケットなど
簡単に取り出すことのできるところに、入れておくことオススメです。

 

② 荷物の管理について

 

これはサーキットに限った話ではないですが、
カバンなど、所持品を置いてその場を離れることは非常に危険です。

「撮影などをしていて少し移動したい」
という場合でも、自分自身になるべく近いところに、置いておくようにしましょう。

更に、落とし物にも注意が必要です。

サーキットは他のスポーツスタジアムとは、比べものにならないほど広いため
落とした物は、もう二度と返ってこない。と言っても過言ではありません

運が良ければ、落とし物を届けてくれる優しい方が、いらっしゃいます。

しかし、必ずしも返ってくる訳ではないので
できる限り私物は落とさないように心掛け、注意しましょう。

特に、財布チケットを落としてしまうと、もうレース観戦はそこで終了と言えます。

レースによっては、チケットを紛失してしまうと
二度と自分の観戦席に戻ることができなくなってしまうこともあります。

ご注意ください。

 

③ 観戦マナーの徹底について

 

出典:https://formula1-data.com/

 

これはあくまでもマナーなので、守らなくても罰則はありません。

しかし守らなければ、周りの方の気分を害してしまったり
周りの方に迷惑をかけてしまったりすることがある
ということを忘れないでください。

鈴鹿サーキットで、わかりやすい例を挙げるとするならば
グランドスタンドシケインスタンド場所取りがあります。

どちらもかなり良い観戦場所であるため、
レジャーシートなどを利用して、ガムテープなどで席に貼り付け
自分たちの観戦したい席を、確保している光景をよく目にします。

これでは、せっかく観に来たのに席がない!
という事態が起こる上
運営しているサーキット側にも、迷惑がかかってしまいます。

また、鈴鹿サーキットの公式Twitterがツイートしていた内容によると
『ガムテープの“のり”が席に残り、掃除がかなり大変』だそうです。

ですので、上記のような行動は避け
周りの方やスタッフさんなどに、迷惑をかけてしまうことのないよう
みんなで楽しめるように、マナーを守り、しっかりと考えて行動しましょう

更に、ピットウォークなども、かなりの注意が必要です。

ピットウォークなどは、狭い場所に多くの人が集まります。
そのため、細心の注意が必要と言えるでしょう。

もちろん、サインなどをしてくれるドライバーさんや監督さん、
隣に立っているレースクイーンの方々に、
迷惑をかけるなんて御法度です。

 

④ 情報収集について

 

出典:https://www.pakutaso.com/

 

サーキットでは、急にスケジュールが変更されるのはよくあります。

ほとんどが、クラッシュ処理であったり計測機器などのトラブルです。

基本的に、すぐに場内放送Twitterの公式アカウント
スケジュール変更が案内されます。

これを確認し損ねてしまうと、
トークショー来たのに全然始まらない…
なんてことになりかねません。

しっかり確認するようにしましょう。

 

メリット&デメリット

 

次に、現地で観戦をする「メリット」と「デメリット」についてです。

 

現地で観戦するメリット

 

一番大きなメリットと言えるのが
生でマシンの走行を観られて、サウンドを聞くことができる。
ということでしょう。

テレビで観るのと実際に観るのは、全然違う』というのは
よく聞くサーキットの誘い文句ですが、本当にそうなんです!

迫力が全く違います。

目の前をすごいスピードで走り抜けるマシン
周りの音という音が、すべてかき消されるくらい大きさなエンジン音など
すべてにおいてテレビ観戦とは異なります。

この迫力は現地で観戦をしない限り、体験できません!

 

更に、これは個人的な意見になってしまうのですが、
SNSで普段お話している方々と、実際にお会いできることも挙げられます。

実際にお会いして、良いと思う点が主に2つ挙げられると考えます。

①実際にお話することで親交が深まり

SNS上での交流がさらに楽しくなること

②お話している中で自分が知らなかったことを知ることができたり
それまで自分にはなかった視点でモータースポーツを観ることが

できるようになること

現地での観戦回数を重ねても、違う楽しみ方を得ることができます。

各人の現地観戦の楽しみ方を持っているので
更に観戦の楽しみ方が広がると思います。

 

現地で観戦するデメリット

 

まず先ほど、メリットとして挙げた“SNSで交流がある方とお会いすること”
これには、とても大きなリスクも付きものです。

普段利用するSNSのほとんどは、ユーザー同士、顔が見えません
そのため、事件などに巻き込まれることも多いです。

私事にはなりますが、自分は幸いにも、会った方は良い方ばかりでした。

しかし、自分も含め、SNSで交流のある方にお会いするということは
かなりリスクがあるということはしっかりと頭に留めておくべきです。

 

また、もう1つのデメリットは、疲労です。

他のスポーツのスタジアムとは比べものにならないほどの大きさ
と先ほど言及しましたが
サーキット内の移動では、かなりの距離を歩くことになります。

更にサーキットによっては階段坂道が多くあり、かなり過酷です。

丸1日、現地観戦をすると、帰り際にはもう疲労困憊です。

対策として考えられる案は、非常に少ないですが

翌日に休みを取れる場合は、サーキット近くにゆっくり一泊して
しっかりと体を休ませてから帰る。という方法がいいでしょう。

サーキットから帰る際に、事故や怪我をしてしまっては意味がありません。

帰るまで、しっかり万全を期して行動することをお勧めします。

 

まとめ

 

以上のように、モータースポーツの現地観戦には
様々なメリットデメリットの他に
現地で観戦した人だけが、感じることができることが
ここに書き切れないほど沢山あります。

そして、観戦初心者の方は、ここに書いたことを参考にして頂けたら
きっと現地観戦が楽しいものになるでしょう!

これらが少しでも、皆さんの現地観戦の役に立てばいいなと思っています。

 

最後に1つ伝えたいことがあります。
それは、『余裕を持って行動すること』が大切だということです。
時間体力余裕を持って行動することが非常に大切です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
皆様のレース観戦が、いいものになることを願っています。