【あの名車がクロスオーバーに!?】イタフラ車オーナーは”DAMD(ダムド)”ブースを見逃すな!

クルマをもっとオシャレに!ボディキットでお馴染みのダムド!

ジムニーのボディキットなどで有名なダムドが、今年も東京オートサロンで魅力的なモデルを展示します。前回の東京オートサロンでもジムニーやハスラーを初め、ロンドンブーツ1号2号の田村淳氏とコラボレーションしたエブリィなどを展示し、話題を集めました。今回の出展内容は、「ニューレトロ」というメインコンセプトは維持しつつ、これまでの「軽自動車×アウトドア」をテーマとしたボディキットに加えて、軽自動車以外のラインアップ拡張や「ヨーロピアンマスターピース」をテーマとした新たなジムニーボディキットの提案など、ダムドの2024年の方向性を表すものとなっています。では、具体的な展示モデルを詳しく見ていきましょう。

「ヨーロピアン・マスターピース」がテーマの2台のジムニー!「little 5.」&「little Δ.」

ジムニー、ジムニー シエラ向けのダムドオマージュカスタム「little」シリーズ。そこに新たに追加されるカスタムキットがこの『little 5.』と『little Δ.』です。今回はイタリアのホイールメーカー“OZ Racing”とのコラボレーションにより、「Rally Racing」を当時のレトロデザインのままジムニーサイズとして復刻しました。そのホイールに似合うように、1980年代を彩ったヨーロピアンスポーツの面影をまとって登場します。

「フレンチモンスターがクロスオーバーへ進化」がコンセプト

『little 5.(サンク)』と名付けられたジムニーシエラは、世界的なベストセラーモデル「ルノー・5(サンク)ターボ」に宿る美しい造形のエッセンスをジムニーシエラへコンバートしたモデルです。“フレンチモンスター”と呼ばれたコンパクトがクロスオーバーへ進化。自動車史に語り継がれる蒼き勇士を現代に蘇らせます。

世界を魅了した伝説的なホットハッチと、本格オフローダーの融合

『little Δ.(デルタ)』は、1980年代に世界中を魅了したホットハッチ「ランチア・デルタ」の伝説的なスタイリングをオマージュしたモデルです。角度の付いた大型リアウイングや、深紅のボディカラーが当時のWRCでの活躍を思い出させてくれます。

注目はジムニーだけじゃない!

「もう “リトル” じゃ物足りない!定番のボディキットが、頼れるワンボックスへ進化。友達も恋人も家族もみんな乗せて、遊び尽くせるラフなバン&ワゴン」がテーマ

DAMDを代表するデザインとなった定番ボディキットが、ついに軽自動車を飛び出してハイエースにも展開。ダムドらしいニューレトロなデザインを纏ったこのモデルは”DEFACE”を名付けられています。ダムドがハイエース用のボディキットを手掛けるのは、約20年ぶりとのことで注目が集まります。

「ちょっとキュートで、ちょっとダーク。見る人の世界で印象が変わる」がコンセプト

2023年10月に名古屋で行われた「DAMD PARTY 2023」にて先行公開された”ダイハツ ハイゼット用ボディキット”「FUZZ」を、兄弟車のダイハツ アトレーにも展開。角目4灯のヘッドライトやサイドパネルに施されたウッドパネル調のデザインをまとった2台は、それぞれ「ATRAI FUZZ WAGON」「ATRAI FUZZ DECKVAN」と名付けられました。アメリカンな雰囲気を堪能できる2台のアトレーも要チェックです。

Concept「アトレーファズがあなたに潜む隠れた魅力を引き出すかもしれません。繰り返す日常に、ちょっとした刺激を。」

レトロでオシャレ。カッコいいのに、どこか可愛らしい。そんなDAMDの個性的なクルマたちを是非会場でチェックしてみてください!個人的なお気に入りは「little 5.」かな。角張ったボディに愛らしいフロントフェイス!何より、モチーフとなった”5(サンク)・ターボ”に、遊びゴコロとリスペクトを込めての「NON TURBO」のデカールが好きです(笑)

なお、東京オートサロン2024は2024年1月12日〜14日に幕張メッセで開催。ダムドブースは、北9ホールとなっています。是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

Editor

Hej Hej!東京在住のクルマ大好き人間のRioです!サイクリングも音楽も好きな高2(06)です。くるまマイスター検定1級。モータージャーナリストを志して「より多くの人にクルマの楽しさを知ってもらい、クルマのファンを増やす」をコンセプトに活動中!