【誰にでも薦められる究極の1台】超超万能なSUV!MAZDA・CX-5ってどんなクルマなのか

Hej Hej!自動車ライターのRioです!

今回レビューするのは、マツダの主力モデルでありミドルクラスのSUVの『CX-5』。2021年11月8日に行われた商品改良で、マイナーチェンジと言える大きなアップデートが行われました。その商品改良では、新世代技術によるダイナミクス性能や利便性、安全性の向上を実施するとともに、スポーティ仕様の「Sports Appearance」、都会と自然を自由に行き来する人をターゲットとした「Field Jorney」という2つの特別仕様車を設定したのがトピックとなっています。加えて従来から設定のある、美しさや作り込みにさらなる特別感を加えた特別仕様車「Exclusive Mode」と合わせてテイストの違う3つのグレードが設定されたことが特徴です。もともとグレードの種類が豊富なマツダですが、さらに様々な選択肢を用意してきたのが今回のCX-5となっています。

デザイン&質感はさすがマツダクオリティ!

全グレード共通の変更として、エクステリアでは面を意識した太くタフな逞しさが感じられる新なシグネチャーウイングを採用。ライトユニットも大きく変わり、ヘッドライトの輪郭を強調した4つの横長楕円のLEDを採用しています。

MAZDA・CX-5 Sports Appearance

インテリアでは、フロアボードを2分割とし、ラゲッジフロアはテールゲートの開口部との段差をなくしたことで使い勝手を向上すると共に、ハンズフリーパワーリフトリアゲートを装備。また、スマートフォンのワイヤレス充電をセンターコンソールに配すことで利便性を向上させています。

MAZDA・CX-5 Sports Appearance

車体フレームに減衰構造を採用するとともに、車体とシートフレームの取り付け剛性を向上。合わせてスプリング・ダンパー特性の見直しを実施したり、「Mi-DRIVE」の特性を見直すなど、より自然な感覚で運転できることを追求し、走りの質も向上させています。

「Sports Appearance」では、全体をブラックでまとめ、大人のスポーツマインドを刺激する赤のアクセントを効かせたデザインとなっているのが特徴。フロントグリル、シグネチャーウイング、バンパー下部、ホイールアーチ、ドア下ガーニッシュ、ドアミラーまで深い光沢のブラックで引き締め、ホイールもブラックメタリック塗装の19インチを採用。またフロントグリルに入るアクセントの赤色には、初代ロードスターのクラシックレッドを使用しているのがポイントとなっています。

走りは優等生的!?

MAZDA・CX-5 20S Smart Edition

今回は、カレコで近所に新車の『CX-5』が配備されたので借りてお出かけしてきました。レンタカーなのでもちろんグレードは下位のエントリーモデルである「MAZDA・CX-5 20S Smart Edition」。

それでも全然質感的には劣らないのがマツダの良いところ。でも、上級グレードを選んでもライバルと比べてかなり安いのでコスパは抜群。走りはと言うと不満は特になく、素直な特性で、スッキリした乗り味となっています。特に足回りの硬さもなく、SUVらしいゆったりめの乗り心地。

エントリーグレードなので、搭載されるエンジンは用意されている中では最も排気量の小さい2Lのガソリンエンジンで、4名乗車では少し非力感がある印象。決して不足はないが、電気自動車やディーゼルエンジンのトルクフルな走りを知っているともう少しパンチが欲しいとは感じてしまいます。

MAZDA・CX-5 20S Smart Edition

でも、そんな方には2.5Lのガソリンエンジンや2.2Lのディーゼルエンジンも設定されているので、そっちをチョイスすれば問題解決。特にディーゼルエンジンはマツダの売りでもあるので、高速道路でよく移動する方にはかなりオススメ。

回転変動が少ない一定速度での巡航はディーゼルエンジンの得意分野で、ハイブリッドをも越える燃費が期待できます。さらには人をよく乗せるであったり、荷物をたくさん載せるという方にも低回転でトルクフルなディーゼルがオススメ。ディーゼルエンジンであれば、燃料も軽油なので経済的にも有利。ガソリンエンジンは、静かさや振動の少なさ、回転の滑らかさが魅力で、上質な走りを期待するのであれば、ガソリンエンジンを選ぶのがオススメとなっています。

MAZDA・CX-5 20S Smart Edition

マツダの特徴として、人間工学に基づいた設計思想が挙げられます。例えばメーター周りやインパネは、ドライバー正面から見て左右対称になっていたり、アクセルペダルは微調整しやすいオルガンタイプ、一方で咄嗟の操作がしやすいようにブレーキペダルは吊り下げタイプになっています。さらに、シートの形状も人の身体を研究して作られているため、長時間座っていても全く疲れない上、腰が痛いなんてことにはなりにくいようになっています。

キング・オブ・誰にでも薦められる1台!?

日頃から知り合いに「特に条件なしで今一番オススメのクルマは?」と聞かれて、触れたこともないのに内容から「CX-5!」と答えていたが、これで確信が持てました。

流行りのSUV、マツダらしいカッコいいデザイン、ボディカラーの美しさ、扱いやすいサイズ、多彩なグレード、運転のしやすさ、コスパ…どれを切り取っても抜け目がない!これこそ誰にでも薦められる1台。

1番リーズナブルなグレードは「20S SMART EDITION」で約276万円。これでも十分な装備内容だが、装備てんこ盛りな最上級グレードの「XD Exclusive Mode」でも約417万円。このカテゴリーでこの価格はかなり魅力的。

クルマ好きにとっては、MTが設定されていることも忘れちゃいけない!マツダさまに感謝せねば!CX-5、オススメです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

Editor

Hej Hej!東京在住のクルマ大好き人間のRioです!サイクリングも音楽も好きな高2(06)です。くるまマイスター検定1級。モータージャーナリストを志して「より多くの人にクルマの楽しさを知ってもらい、クルマのファンを増やす」をコンセプトに活動中!